勤怠管理に便利です!会計ソフトを使うメリットとは?

会計ソフトの選び方と使用方法

会計ソフトには、個人事業青色申告向けと法人企業向けが販売されています。スタンダードな会計ソフトはどちらも販売しています。顧問税理士と契約している場合は、会計事務所と同じソフトを使用すると便利です。
会計ソフトの使用方法は、日々の会計処理や年末調整、給与計算がメインですが、このような処理は、各社ほとんどが備えており差がつきません。会計ソフトで特徴がでるのは、経営分析・経営診断に役立つツールです。数期にわたる財務データから収益性などをグラフで可視化する機能や、資金繰り表の出力機能、また部門別会計による原価計算、管理会計に対応するものがあります。
主に給与計算や確定申告などですが、勤怠管理ソフト連動するとさらに容易にます。
会計ソフトは最近、ローカルのPC上で使用するもの、クラウドを利用するものが出ています。クラウドでは、月々使用料を支払うことで利用できます。

会計ソフトのメリット

会計ソフトメリットは、第1に業務の効率化です。日々の仕訳を入力すだけで、試算表や総勘定元帳、損益計算書・貸借対照表までほぼ自動的に作成できることは、大きなメリットです。日々の業務、決算期における業務が大幅に削減され、人件費等に好影響がすぐに表れます。第2に計算ミスが減ることです。第3に経営ツールが充実しており、可視化できるため経営改善に役立てることができます。第4に税制の変更に対応が速いことです。ソフトをアップデートすることで新たな税制に対応することができます。税制について自分で調べて対応する手間が省けます。第5に勤怠管理ソフトと連動することで、出退勤時間を入力すると、時間外労働や深夜労働などを自動で集計し、給与計算を自動で行い、複雑な勤怠管理が大幅に削減できます。

賢い会計システムのポイントは、単なる経理専用のシステムではなく、会社経営全体を網羅できるシステムを選ぶことです。